【アイデアノート】第七話 山田さん

◆山田さん

父の後を継いだ従業員の山田さん。土建屋は当時低迷していた。仕事がなく、お金が稼げず、生活していくのがやっとだった。

しかし、年も年でなんといっても、学歴も手に職もない。人脈もなかった。今の仕事をまじめにこなすしかなかった。山田さんには特に趣味もなく、結婚もしていない。唯一の家族の妹は、結婚し山田さんとはほとんど会わなくなった。また、妹の結婚式当日、山田さんは祝儀を用意できなくて、式に出席しなかった。妹は、そんな兄の心情をわかっていたので気にはしていなかったが、山田さんは深く傷ついていた。

            *

山田さんは幼いころに、妹と一緒に施設に入れられ、親の愛情を受けず育っていた。ただ唯一の家族、妹を守るためになんでもした。施設の子って言われたと泣きながら帰ってくる妹をみると、すぐにそいつのところに行って、ボコボコにし、二度と言うなと言い聞かせた。金銭面でもそうだった。中学生でバイトを始め、妹の学費を稼いでいた。そのため、山田さん自身は学もなく、就職先も決まらない状態だった。やっと決まったのが、土建現場の一作業員だった。遊びという遊びも知らず、必死で働いて、何十年経ったと思ったら、景気が悪くてリストラだ。結構な年でのリストラ。もう就職先がないというところに、ある土建屋の親方が、拾ってくれた。それが晴れ男の父だ。そんな思いもあり、山田さんは晴れ男の父の稼業を継いだ。しかし、過酷なものだった。正直、投げ出したい気持ちでいっぱいだった。でもそれはできなかった。

なぜなら、唯一の家族、妹がいたからだ。

妹を悲しませてはいけない、そんな想いが山田さんを動かしていた。
妹は、頻繁に手紙とお金を少し、兄に送っていた。ありがとうって言葉は、もう何千回って書かれてあった。そんな妹が、ある年・・・もういい年だ・・・に送った手紙があった。

兄さんへ
 いつもありがとう。兄さんのおかげで私は頑張れてるわ。
 ところで、兄さんももう仕事引退してもいい頃だと思う。
 こんな私が言えることではないけど、もう兄さんは十分にやったと思う。
 うちの近所に、「元気の丘」っていう老人ホームがあるの。
 そこへ行ってみない?
 お金の事は気にしないで。私が何とかする。
 そんなのなんの恩返しにもならないことはわかってるけど、せめてもの私の気持ち。
 いつでも連絡して。良い返事を待ってるから。

山田さんは、そんな世話になるようなことはできないとは分かっていたが、もう限界だった。生活も仕事も。後日、妹に電話をする。

「すまないな・・・」

元気の丘での生活が始まった。
        *
元気の丘の住人は、みんな良い人ばかりだった。でも山田さんは、人付き合いなんてしてこなかった。うまく溶け込めないのは分かっていた。でも、元気の丘の人は、そんなの関係なく接してくれた。違和感を感じながらも、山田さんは生活していた。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA