【新人君】第六話

第六話 限界

ハッピータイムも1週間も経つとみんなネタがなくなってきた。
嬉しいことも楽しみも探す苦労の方がきつい状態だ。

みんな、自分の楽しみを見つけようと必死になった。
もう些細な事も良いことだと言うようになり、中には、ハッピータイムのネタを思いついたという喜びを発表する人もいた。

ただ、新人君だけは淡々と違うネタを連日話していた。

社員の中には、もうやめて欲しいという意見が出始めていた。
それは部長も同じだった。

新人君は、また部長に呼ばれた。
「キミ、ちょっと残念だが、ハッピータイムをもうやめることに決定したよ。」

「あ、そうですか。」

「やっぱり、そっちに時間をとられてしまって、仕事に支障をきたすという意見があったくらいだから。」

「いえ、それは上の方で決めて頂くのが当然かと私も思います。」

「そうか、じゃあ明日、その旨をみんなに伝えるよ。」

「・・・あの。」

「ん?なんだ。」

「実は、ちょっと違う件でお話しがありまして。」

「言ってみろ。どうした。」

「私の父が倒れまして、どうしても稼業を継がなければいけないんです。」

「・・・!」

「すみません。こんな中途半端な状態で、義理も果たすことができなくて・・・」

「そうか・・・とても残念だ・・・」

部長は眉間にしわを寄せながら、談話室を出た。
新人君は、身の回りの整理をし始めた。

入社して1年も経たない時だった。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA