【365日 後編】第十六話

結局「オサマラヌイカリ」をもらえなかった隆志は、自分の日常に戻った。

淡々と生活を繰り返すだけだった。結局、人は孤独なんだと思うしかなかった。自分の力の限界を思うとともに、今やるべきことに集中するだけだった。

そんな折、仕事現場が「夢の中研究所」の近くだったので、帰りにちょっと寄ってみようと思った。

「夢のなか研究所」のビルに近づく。すでに看板は外されており、廃業しましたという空気が漂っていた。

『神崎さんは大丈夫かな。うん?あの明かりは・・・』

隆志は急ぎ足で、5階にある「夢の中研究所」まで来た。やはり事務所の明かりが点いている。

「隆志です。神崎さん、いますか?」

何の反応もない。ドアを開けてみる。

『ん?開いてる・・・』

この静けさに嫌な予感がした隆志は、奥の部屋まで進んでいった。

「神崎さん!」

神崎さんは机に座って、あるものを見つめていた。

隆志は少しホッとした。それとは別に、神崎さんは振り返り、「ああ、隆志さん」と普段の口調で言う。

隆志は、言葉を返す。

「神崎さん、大丈夫ですか?」

「あ、はい。」

「はあ〜、もう心配しましたよ・・・」

神崎さんは我に返り、「隆志さん、すみません。ちょっと考え事をしてまして・・・」

「変なこと考えてないですよね。」

「いや、これなんですけどね。」

そう言うと、ある包を前に出す。そこには、見覚えのある名前が。

ーーNPO法人 飛龍会ーー

隆志は聞く。

「これは何ですか?」

神崎さんは答える。

「実はね、もうこの事務所営業してないんですが、さっき片付けをしていたら、この包みが届きまして。」

「企業さん(お客さん)は、営業が終わっていることを知らないんですか?」

「お客さんにはすべて通知シてあるんですが・・・なんというか・・・この包みの送り主は、初めての依頼で・・・実は、ここの会長は、僕の父なんです。」

隆志は驚いた。「NPO法人 飛竜会」・・・自分が毎月振込みをしてる法人、そして、山岡のいる施設の親であった。その会長のお子さんが、目の前にいる神崎さん。隆志はその事実を口にできず、戸惑っていた。

すると、神崎さんは言う。

「父と言っても、もう何年も会ってません。これは返送します。」

隆志は慌てて言う。

「ちょっと待って下さい。中身を見てみましょう。」

神崎が動かないのを見て、隆志がその包みを開けた・・・

やはり、薬らしきものが入っていた。そしてそこには、

『ハハノイノリ』

と書かれていた。

神崎は鼻で笑って、「何を今さら。こんなもん、捨ててしまいましょう。」と言った。

隆志は、「ちょっと待って」と言いながら、説明書きか手紙なんかがないか探した。しかし何もない。

神崎は、「こんな危険なもん、だれが飲むもんか。もしかしたら毒かもしれませんね。」と包みを掴もうとした。

その時、とっさに隆志が薬を取り出し、口の中に入れた。

「た・・隆志さん、正気ですか?病院に行きましょう。成分も何も書いてないんですよ。」

隆志は、口に入れたその薬をなにか味わう感じで、しまいには、ガリッ、ガリッっと噛んで飲み込んだ。その様子を見ていた神崎は、目が点だった。

隆志はまるで味わうようにその薬を飲んだ後、言う。

「これは、お菓子のラムネですね、多分ですけど。。。」

神崎はそれを聞くと、顔色が変わり、薬を手に持ち匂いをかぐ。そして口に入れた。

ボリッ、ボリッ・・・神崎の目には涙が浮かんでいた。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA