【思うことブログ】宮迫の会見とワイドナショーを観て

僕はコメンテーターでも当事者でもないので、特に訴える事なんてないんですが、ひとつだけ気になる事があります。

それは明日の吉本興業社長の記者会見。 僕が考えられるのは次の二つのパターン。

ひとつは会社組織を守るために、保身的な態度、言動。これは今までどこの記者会見でも行われてきていて、良い悪いではない。でも今回は炎上どころの騒ぎではないだろう。

もうひとつは腹をくくった事実を伝える会見。社長という責任の大きい立場から、宮迫のように一個人の見た事実のようにスラスラ言えないかもしれないが、自社の非があった場合は言わざるを得ないだろう。というか、僕の見る限りその方向にならざるを得ない雰囲気になっている気がする。

僕が気になるのはこの後者の方。非を認めた場合は必ず「責任はどう取られるのですか?」と投げかけられるだろう。その場合、大崎会長の辞任も考えられる。

その場合、松本人志が吉本興業を辞めるという。

勿論、 松本人志は辞めても活動はできるだろう。 この件をネタに良い印象に笑いで持って行くような人だと思う。

ただ……ただなんだか悲しい。ぽっかり穴が開いてしまうようなとても切ない感情がよぎって仕方がない。

若い人は知らないかもしれないけれど、ダウンタウンの18才からの活動はまさに僕の人生に影響を与えた。生きる上で救われた部分だってある。

別に吉本興業でなくても……と思われるかもしれない。でも僕の中では、吉本興業の松本人志なのである。その真意にはスタッフも含めてという気持ちもあるのかもしれない。

言い方が悪いかもしれないが、 今回の会見で 宮迫らはかなり高いパフォーマンスをした。だからと言って今度は吉本興業(特に社長)の吊るし上げみたいな事は絶対にして欲しくない。

このブログを書きながら僕は泣きそうになって仕方がないです。どうか前向きな解決される事を心から願っています。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA