【一話完結】カツラ

妻と結婚して、はや十年。

お互い空気のような関係になっていた。

しかし、夫はこの十年間、ずっと黙っていたことがあった。

それは、『カツラ』。

もう話してもいいものだが、夫は言い出せずにいた。

それは、この十年間ウソをついていたというのと、なんといっても妻のヅラに対する発言だった。

テレビを見ていると、必ずこの「ヅラ」という言葉を吐く。

「この人、ヅラでしょ!」

「なんでヅラって分かる人を出すかな。」

等々である。

この発言のたびに、夫は、グサグサと胸を打たれるのであった。

そんな日々が続く中、十年目の結婚記念日がやってきた。

夫は、会社が終わると、予約していたケーキを取りに行き、家に帰った。

妻にはスイートダイヤモンドを買ってと言われていたが、夫の給料じゃあ無理だった。

気持ちということで、ケーキと簡単なプレゼントを用意していた。

家に帰る。妻に真っ先に「十年間ありがとう」と言う。

妻は「え?」と言う。結婚記念日を忘れていたらしい。

「ああ、今日結婚記念日だったのね。」

夫は、ケーキを差し出し、その後簡単なプレゼントを渡す。

「え?スイートダイヤモンドじゃないの?普通。」

「す、すまない。迷惑ばかりかけて・・・」

妻は本当よという態度で、何かを取りに行った。

夫は、「はぁ~」とため息をつきながら、夕食を食べようとしていると、妻が帰ってきた。

そして、妻が言う。

「じゃあ、私からのプレゼント。」

夫は振り向く。そこには、手にプレゼントを持った妻がいた。

え?覚えてたんだというビックリした顔をしていると、妻が言う。

「開けてみて!」

包装を開けてみる。

すると、

「・・・・!」

なんとそこには、カツラがあった。

そう、妻は夫がカツラだっていうことを知っていたのだ。

夫は、

「え?か、カツラ・・・」

「あんたもバカだよね。あんたのことなんてよくわかってるわよ。もちろんカツラのこともね。」

夫は何も言わずに、泣きそうになっていた。

妻は続けて言う。

「これからは、私がカツラを選ぶからね。もう隠さなくていいわよ。」

・・・・

数日後の休日、妻と夫はショッピングに来ていた。

もちろん夫の頭には、プレゼントされたカツラがあった。

妻が笑って言う。

「ねえ、あんた、もうカツラじゃなくて、植毛にしたら?」

夫は笑いながら、妻の手を握った。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA