【一話完結】ドレミファぶ~

おならの音を自由自在に鳴らすことのできる男がいた。

おならが出続ける間だったら、簡単なメロディーが演奏できた。

素人投稿動画でも選ばれたことのある男だ。

そんな男に好きな女性ができた。同じ会社の女性だ。

おとなしく、優しい女性だった。

でも、おなら芸で有名な男は、恋愛の対象になんてなるわけないと思っていた。

そんな男が、ある日、決意をした。告白しようと思ったのだ。

まず、食事に誘う。

女性の元へ行き、「食事に行きませんか?」と言う。すると、案外すんなりとOKが出た。

そして、食事の日が来た。

その女性の私服姿は、また一段とかわいかった。

男は、今日は決めなきゃと意気込んでいた。

店も予約し、ちょっと高級な、品のあるお店だった。

静かな雰囲気で、食事も美味しかった。

いつもはおちゃらけている男も、今日は、一生懸命話しをしていた。

会話もそこそこ続いていた。

メインデッシュが来た頃だろうか、女性がそわそわしている。

どうやら、トイレに行きたいみたいだ。

男は、どうぞと言うと、女性は立ち上がった。その時だ。

「ぷ~」っと女性がおならをしてしまった。

静かな店内に響くくらいの音だ。まわりの人たちがこちらを向く。

男は、それに気づくと、得意のおなら芸で、

「ぷ~ぷぷぷ~♪」と女性のおならの音程から始まる一曲を鳴らし始めた。

静かだった店内は、ドッと笑いにつつまれる。

女性は、戸惑いながらトイレに向かった。

女性はトイレから出て、帰ってくると、こう言う。

「ごめんなさい、もう帰ろ?」

男は、気遣いでおなら芸をやったことが、逆に女性に恥ずかしい思いをさせてしまったと思い、すまないという気持ちでいっぱいだった。

そして、そのまま食事は終わった。

ふたりは、会話がなく、そのまま家に帰った。

男は家に入り、大きなため息をついた。

するとメールが鳴る。「ぷ~ぷぷ~」着信音もおならのメロディだ。

見てみると、さっきまで一緒にいた女性からだった。

 さっきはごめんなさい。

 あの対応、すごく嬉しかった。

 また、改めて食事に行ってもらえませんか?

男は喜びに力が入った。

「ぶーー」

今度は、本当に無意識のでかいおならが出た。

喜びのおならだった。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA