【一話完結】憧れ

男は、髪の毛がうっとおしくて仕方がなかった。

彼は、建築業をしており、いつも現場仕事だった。

なぜか、ひげは生えても気にならないのだが、髪の毛には異常に反応していた。

いつか、坊主にしてやる、と思っていた。

ただ、妻が許さないため、刈り上げで我慢していた。

そんなある時、テレビで好きなタレントが、坊主にしましたと言って出てきた。

それは、役作りのための坊主だったのだが、男には大きなインパクトを与えた。

すぐに妻の元へ行き、こう言った。

「俺、坊主にする。」

妻は、

「あんた、子供の気持ち考えな。ご近所さんの目もあるし。」

と言う。

しかし、男は引かない。

次の日、床屋に行き、こう言った。

「五分刈りにして下さい。」

床屋を出た後、晴れた気持ちでいっぱいだった。

頭の感触を何回も確かめた。

すると、携帯がなる。実の母からだ。

ちょっと家電が壊れたので、来てほしいとのこと。

ちょっと自慢気に母の元へ向かった。

家に入る。

母が喋りかける。

「このエアコンが・・・」

その時、母と目が合う。すると、母の目つきが変わり、怒鳴りつけてきた。

「あんた!ヤクザになったの?」

え?や、やくざ??

母の頭のなかでは、坊主=ヤクザだったみたいだ。

「い、いや・・・」

母はすごい剣幕で言う。

「そんな子はうちの子ではないよ!出ていきな!!」

「あ、これは・・ちょっと会社で失敗しちゃって・・・。そう、反省の印。」

「はあ・・あんたはもう、仕方がないんだから。昔っからそうだ。」

男は苦し紛れの嘘をついた。

そんなことする必要もない年頃なのだが。

「まあいい。ちょっとエアコンみて。」

男は、エアコンを直して実家を出た。

家に帰る途中、ワークマンにより、ニット帽を買った。 男の背中は、何故か哀愁が漂っていた。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA