【一話完結】雨男と晴れ女

この雨男は、どこへ行っても雨が降る。

友人と出かけるときも、いつも雨になってしまうため、とうとう誘われなくなったくらいだ。

いつものように出かけようとする。すると、急に雨が降ってきた。

まあいつものことだと気にせず、ある場所へ向かった。

その場所とは、小さな神社。

母の調子が悪く入院したため、良くなりますようにとお願いをしに来たのだ。

そんなある日、いつものようにその神社に行ってみると、どうだろう、急に雨がやんだ。

ふと隣を見てみると、ある女性がお祈りしていた。

はて?と思ったが、そのまま母の病院へと向かった。

病室へ行ってみると、母がぐったりと寝ている。

ベッドの脇に座って、うとうとしていると、スタスタと足音がする。

「こんにちは。今日から担当の看護士です。」

雨男は、顔を上げた。

なんとその看護士は、先ほど神社でお参りしていた女性だった。

「あら?あなたは先ほど神社で・・・」

「あ、どうも、宜しくお願いします。」

どうやら話を聞くと、その看護士は、患者さんのために毎日その神社にお参りに行ってるらしい。

それからその看護士とは、神社でも会うし、病院でも話をするようになり、距離が縮まった。

そんな折、ちょっと聞いてみた。

「あなたの行くところは、いつも晴れてます?」

「ああ、私は晴れ女なんで(笑)。」

雨男はその後、この女性に告白する。

そして付き合うことになる。ちょうど、母が退院する時だった。

今日も雨男は出かける。 でも雨は降らない。だって横には、最高の女性がいるから。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA