【一話完結】電子レンジ

何にでも厳しく、威厳のある父がいた。

家族は、その父の言うことに従い、反論することはなかった。反論できなかった。

そんな厳格な父がある買い物をしてきた。

それは「電子レンジ」だった。

母は、「あら?電子レンジなら、うちにありますけど・・・」と言うと、父は言う。

「この電子レンジは、オープン機能もついているんだ。それで1万円だよ。」

母は、さすが、買い物も完璧にこなす父だと思っていた。

数日後、母は、電子レンジを見回していた。

子供が、「どうしたの?お母さん」と言うと、母は言う。

「お父さんがね、オーブンの機能があるっていうんだけど、どこにその機能があるのか探してるの」

そんな時、父が帰ってきた。

「なに?オーブンの機能?オーブン専用のボタンがあったぞ。どこを見ているんだ。」

父が電子レンジを見て、ほらあったとボタンを指差す。

母と子は、それを見て絶句した。

底に書かれていたのは、「オーブン」ではなくて・・・「オープン」だった。

ドアオープンだ。

二人は黙っていた。そして何事もないように日が過ぎていった。

父のなにかの記念日の時、母と子はプレゼントをした。 中身は「老眼鏡」だった。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA