【ハゲストーリー】第七話 インタビュー

インタビューは始まった。

「なぜ、ファンを騙していたんですか?」

「私は騙してなんていません。」

「今被ってるのもカツラなんですよね?」

「そうですよ、でもどうですか?似合ってませんか?」

「そういう問題ではありません。騙したということが・・・」

「そういえば、報告があります。この度、事業を始めます。」

「ど、どういうことですか!?」

ハゲ男はそういうとその場を立ち去った。
そして、マスコミの動きはさらに活発になった。

 カツラをごまかすオオカミ男子
 事業を行う?ふざけるな
 言い訳にもほどがある

等々だった。

しかし、自体は思わぬ方向へと向かっていく。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA