【ハゲストーリー】 第六話 選んだ道

ハゲ男の選んだ道。それはモデルだった。

坊主時代に鍛えたおかげで、顔は精かんな顔つきで、からだは細身。
すぐにオーディションに合格した。

ワイルドで細身の繊細さ。
ハゲ男は、オオカミ男子と呼ばれた。

そしてもう一つ。ハゲ男はカツラをかぶっていた。
オシャレなカツラ。そう、自費でオリジナルのカツラをかぶっていた。
それがまたかっこいい。

しかし、ある事件が起こった。
それはあるモデルショーの出来事だった。

気持ちが乗り、激しい動きをした時に、カツラが落ちたのだ。
会場はざわついたが、ハゲ男は気にしない。

カツラを音楽に合わせ、エレガントにすくいあげ、退場していく。

その次の日、スポーツ新聞の一面は、「オオカミ男、カツラだった」である。

一気に、ハゲ男の話題で持ちきりになった。
しかし、ハゲ男は動じなかった。

ワイドショーのインタビューに応じる。

それは淡々としたものだった。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA