【思うことブログ】なんとなく

ちょっと前に、台湾人から「なぜ日本人はまじめに働くのか?」と質問されたという知人がいた。自分なりに色々と考えていたが、単なる『まわりがそうだから』というだけな気がした。

もちろん、日本人はまじめな気質があるが、最近よく感じるのが、まわりと外れたことをすることへの攻撃や同調圧力・・・そんなんばっかだ。

昔から感じていたが、人は正直にものを話さないと感じていた。でもそれは、単純にその人たちの中では共有された会話で、俗にいう『常識』や『同調』というものだった。

正直に話さないのではなく、勝手に決められたルールの中での言葉のやりとりでしかなかったのだ。だから自分は違和感を感じ、孤立感を味わっていた。

今でもそうかもしれない。だから会話が面倒くさい。

仕事も何かをやってどんな結果を残したではなく、どれだけまわりに評価されているか、どれだけいい人にうつっているか、そんな事ばかり気にしている奴らばかりだ。しかも無意識のうちにそれを実行している。

だから、もし自分が「なぜ日本人はまじめに働くのか?」と外国人に聞かれたら、日本人はまわりと違うことができないから、もっと言うなら、違うことをしないように監視しあっているからと答えることに決めた。

現時点では、この社会は息苦しい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA