【思うことブログ】少し紹介してみる

自分がWeb小説を書き始めたのは、6年前くらい。その当時「アイデアノート」「365日」「新人君」を書き、「アイデアノート」に関しては、書籍化を目指して編集社に応募した。

このサイトを見てお分かりだと思うが、普通の小説と違って、文字数が少ないことから物足りないものがあるだろう。自分の中ではショートショートをイメージしていて、Web小説ならではの読みやすさ、内容の充実を武器に書きまくっていた。

そんなさなか、「アイデアノート」はある編集社に認められ、書籍化しましょうと話を持ち掛けられた。しかし自費出版で、宣伝費、広告を含め200万円くらいかかると告げられる。

ひとり身だったら勝負できたのだが、家庭も子供もいたので、当時のサラリーマン時代では少し無理な金額であった。

そこで、裕福な親族にお金を借りようとしたが、結果、親族内での自分の評価は、『金に目がくらんだ無謀な人』であった。

小説を読んで、それに対しての評価はよかったのだが、書籍化なんてしたことが周りにいない環境では、自費出版で200万円かけるというのは無謀なお金の使い方だったのだろう。

自分は、小説の内容に対しての投資をしてほしいと思ったのだが、世間では博打としか見られなかった。

まあそんな事もあり、編集社の担当さんのお誘いをすべて断って、自費出版を断念した。

今自分は、およそ200万円を目安にへそくりで貯金している。これは自分の書籍化のお金ではなく、将来子供が何かに挑戦したいと言ってきた時に投資するお金だ。

もちろん、自費出版したいということであれば、その内容を見てからの判断になるが、面白い、これなら投資してもいいというものなら、躊躇することなく出そうと思う。

この一件で感じたのは、お金がかかわってくると、作品の良し悪しは見られなくなり、どうやってそのお金を取り戻せるのかという議論にしかならないという悲しい結果だった。

まあそれが現実だから、今は今後挑戦する人を応援できるまとまったお金を貯めようと思う。

今度は自分が応援できる立場になるために。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA