【一話完結】ゴマちゃん(悪)

多摩川にゴマちゃんという愛称で親しまれた「ゴマアザラシ」が住んでいました。

天気の良い日は、近所の人が集まってきます。

「あ、ゴマちゃんだ〜!カワイイ♪」

しかし、ゴマちゃんは人間の言葉がわかっていました。

子どもたちが、餌を与えに来ると、ゴマちゃんはいつものように、陸に上がっていきます。

『おおぅ、やっぱ陸はしんどいなぁ。でも、食いもん食うためだ』

「きゃー、カワイイ。写真写真」

『おー、ホタテじゃねーか。缶詰みたいだけど、人間の缶詰はうめぇんだよな』

「あ、食べてる食べてる!」

ゴマちゃん人気は広まり、近所の人だけでなく、遠方から来る人の増えてきました。

「なんか、ゴマちゃん可哀想じゃないか?自然に返してあげたほうがいいんじゃないか?」

そんな声が聞こえて聞こえてきます。

『おい、ちょっと待て。写真ならいくらでも撮っていいが、この住み家を奪うようなこと言うなよ』

「餌だって自分で取るから、あげないほうがいいよ。だって野生だもの」

『ふざけんな、こっちはこんな汚い川に住むって決めたんだ。お前ら勝手に決めんな』

数日後、市の職員がゴマちゃんを捕獲に来ました。

どうやら、自然に返すのではなく、動物園に入れることに決めたようです。

垂れ幕まであります。

― ゴマちゃんを○○動物園へ ―

動物園の人も来ています。

「ゴマアザラシは、○○の習性があります・・・そこで・・・やって・・・捕まえましょう」

『聞いてられないや、身をかくすか』

テレビのニュースが流れました。

「本日、ゴマちゃんの愛称で人気のゴマアザラシを捕獲し、動物園に搬送する予定でしたが、ゴマちゃんは顔を出すことはありませんでした。心配ですねぇ」

「次、お天気です、宮本さん」

「はい、宮本です。明日から低気圧が停滞し、天気は荒れ模様です」

― ― 次の日 ― ―

朝から大雨で、多摩川は数年ぶりの大氾濫でした。

『くそー、負けてたまるか。こんなことで死んでたまるか。俺はここで生きるって決めたんだ。グホッ・・・ダメだ流されてる・・・てか、体中痛みも感じね〜。どこ怪我してんだ・・・グルグル回されて・・・アウアッ・・・』

― ― 数週間後 ― ―

氾濫後の川のゴミ清掃場にて

職員A「これ、アザラシじゃねーか」

職員B「もしかして、ゴマ?」

職員A「死んでるな」

職員B「まあこの氾濫だもんな」

職員A「燃えるに入れといて」

職員B「はいはい」

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA