【一話完結】空回り

「会話が空回りするなぁ、なんなんだこら。」

ひとり歩きながら、ぼやくFさん。

「大体、ボケが少ないんだよ。みんなツッコミばかりで。なんなんだよ」

Fさんは笑いなんてわかっちゃいない。最近はツッコミのようでボケツッコミみたいな、そんな会話が飛び交う。

「ボケはボケでいいじゃんか。だから新しいことを生み出せないんだよ」

十分新しいものは世に出回っている。それを知らないだけだった。

「線路を走っているんじゃねえんだ。自由にしゃべらせてくれよ。荒れた高野を進まなきゃだめだ」

そういうFさんは、アスファルトで整備された歩道の上をまっずぐ歩いていた。

「まあ、順応は必要なんだよな。そういう時代の流れはわかってるんだけどな・・・」

そう、そこをしっかり理解して欲しい。

「だからこそ、空回りしてしまうんだよな。会話の練習でもしようかな」

最近の若者は、映像でマンガで視覚から会話の感覚を掴んでいる。しかも楽しみながら。

「でも、俺面倒くさがりだからな。あ、そうだ」

この思いつき。かなり怪しい。

「キャバクラ行こう。おねーちゃんと話しながら、会話の練習だ!」

この短絡さ。あなたはボケでもなんでもない。

「でもなぁ、俺は安月給だから、高級クラブなんて行けないんだよな」

そうそう、安いキャバクラでの会話なんて知れている。

「Lineで友人と話すのも、なんか苦手だしなぁ」

自分らしさだよ。

「また空回りしちゃうしな…」

自然体が一番。お前は芸人ではない。

「なんかこうパアッとしないな。新しい音楽でもダウンロードしようかな」

考えすぎの時は、気分転換がいい。

『ぴろり~ん』

その時だった。Lineが鳴った。誰かからのメッセージだ。

『なんでやねん』

さっき、Lineでやりとりしていた友人からだった。

友人とのやりとりはこうだった。

友人 『なんか車買ったんだって?』

F 『そうそう、中古だけど1万キロ以下だよ』

友人 『なんていう車?』

F 『写真送るよ』

友人 『おう、送ってくれよ』

F 写真添付(バッドマンカーと横に立つバッドマン)

友人 『おう、かっこいいね。しかもコスプレ?その衣装、痩せて見えるね』

F 『あ、このことは内緒ね。悪の住人にバレたらやばいから』

しばらく返信がなかった。

Fは追い打ちをかけて打診した。

F 『俺、今からキャサリンを助けないといけないから、話はあとでね』

それでも返信がない。Fはひくにひけない。

10分待った。そして、

F 『お待たせ。キャサリンは無事救出したよ。この黒い車でドライブ行く?』

それからだった。友人から返信のないLineを閉じて、ボヤキがはじまった。

これは、会話が空回りしているのではなく、F自身が空回りしているだけだった。

もっと言うと、気にし過ぎだった。

しかし今、『なんでやねん』と回答が来た。

Fは嬉しくてたまらなかった。スマホの画面のLineの内容を確認しながら、心の中で「よしっ!」と言っていた。

でも返事はしなかった。それは、また「空回り」したくなかったからだ。

Fは、スマホをしまい、笑顔で歩いていた。

整備された歩道のど真ん中をまっすぐに歩いていた。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA