【一話完結】空回り

「会話が空回りするなぁ、なんなんだこら。」 ひとり歩きながら、ぼやくFさん。 「大体、ボケが少ないんだよ。みんなツッコミばかりで。なんなんだよ」 Fさんは笑いなんてわかっちゃいない。最近はツッコミのよ…

【一話完結】ゴマちゃん(悪)

多摩川にゴマちゃんという愛称で親しまれた「ゴマアザラシ」が住んでいました。 天気の良い日は、近所の人が集まってきます。 「あ、ゴマちゃんだ〜!カワイイ♪」 しかし、ゴマちゃんは人間の言葉がわかっていま…

【一話完結】裸の王子様

裸の王様・・・実は続きがあったんです。 裸の王様には一人の息子がいました。群衆に笑われ王家は廃れていきます。 市民のためのまちづくりが行われるようになっていきました。 その王家はジェラート家という名前…

【一話完結】夢はミュージシャン

彼は大学生。趣味はギター。 休みになると必ず、スタジオを借りて、友達と練習に励む。 しかし、大学を卒業間近になると、まわりのみんなは、就職活動で音楽をする友達もいなくなった。 彼は、迷っていた。 この…

【一話完結】あとひとつ

大学に通う、咲子は、バイトを始めた。 家庭教師のバイトだ。 咲子は有名大学に通っていたので、すぐに仕事が見つかった。 ある小学6年生に中学受験の勉強を教えることになったのだ。 その家に通い、小学生の道…

【一話完結】ドレミファぶ~

おならの音を自由自在に鳴らすことのできる男がいた。 おならが出続ける間だったら、簡単なメロディーが演奏できた。 素人投稿動画でも選ばれたことのある男だ。 そんな男に好きな女性ができた。同じ会社の女性だ…

【一話完結】電子レンジ

何にでも厳しく、威厳のある父がいた。 家族は、その父の言うことに従い、反論することはなかった。反論できなかった。 そんな厳格な父がある買い物をしてきた。 それは「電子レンジ」だった。 母は、「あら?電…

【一話完結】笑う男

いつでも笑っている男がいた。 上司に怒られている時も、彼女にフラれた時も、いつも笑っていた。 まわりからは、「気持ち悪い」「なんだあいつ」と言われ、まともに話をしてもらえなかった。 それでもその男は笑…

【一話完結】雨男と晴れ女

この雨男は、どこへ行っても雨が降る。 友人と出かけるときも、いつも雨になってしまうため、とうとう誘われなくなったくらいだ。 いつものように出かけようとする。すると、急に雨が降ってきた。 まあいつものこ…

【一話完結】憧れ

男は、髪の毛がうっとおしくて仕方がなかった。 彼は、建築業をしており、いつも現場仕事だった。 なぜか、ひげは生えても気にならないのだが、髪の毛には異常に反応していた。 いつか、坊主にしてやる、と思って…